始めに

まず、始めに探偵と興信所の違いについて説明したいと思います。

探偵というのは、探偵業を営む個人のこと。興信所とは、探偵を抱えた事業所のことです。
浮気調査や人探しの請負などで、広告を出しているのを見かけるかと思います。その場合、探偵事務所、もしくは興信所という表記になっているはずです。
実際のところ、探偵事務所も興信所も、さして違いはありません。昔は請け負う仕事が違ったのですが、現在ではほとんど同一のものと思って違いはありません。
なので、広告に記載されているのが、探偵事務所でも興信所でも、どちらでも構わないということを覚えておいてください。表記の違いにほとんど意味はないのです。

さて。
どちらも請け負う仕事はほとんど同じ、と言いました。では、どんな仕事を請け負っているのか。
広告に見られるように、主に浮気調査や人探しの依頼を請け負っています。探偵業以外で、浮気調査や人探しを専門的に取り扱ってくれる業界はありません。
したがって、浮気調査や人探しを希望する場合、便りにできるのは基本的に探偵業のみです。もちろん、行方不明者の捜索であれば、警察の担当でもあります。しかし、警察は一人の人探しに専心してくれるわけではありません。他にも幾つもの案件を抱えているからです。そのため、どうしても、できるだけ早く相手を見つけたいというときの人探しであれば、警察ではなく探偵事務所か興信所に依頼するほうが良いでしょう。

関連リンク


Calendar
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Category
  • カテゴリーなし